植物分子生理学

植物分子生理学

壌環境ストレスへの応答適応機構を植物の細胞、生体膜、機能分子のレベルで研究を進めています。塩/浸透圧ストレス応答では、水輸送体アクアポリンの機能と活性調節機構に注目して研究しています。酸性土壌ストレス応答においては、根の生育を阻害するアルミニウムイオンへの耐性機構と細胞の成長制御機構を解析しています。アフリカツメガエル卵母細胞による機能発現解析の技術を持っています。

  • 教 授 :且原 真木 Prof. KATSUHARA Maki
  • E-mail:kmaki@(@以下は okayama-u.ac.jp を付けてください。)
  • 専門分野:土壌環境ストレス/植物細胞/生体膜/水輸送/イオン輸送/塩ストレス/酸性土壌ストレス/根/気孔/種子

 

研究者総覧 

  • 助 教 :宇都木 繁子 Asst. Prof. UTSUGI Shigeko
  • E-mail:utsugi@(@以下は rib.okayama-u.ac.jp を付けてください。)
  • 専門分野: 土壌環境ストレス/植物細胞/生体膜/水輸送/イオン輸送/塩ストレス/酸性土壌ストレス/根/気孔/種子

 

研究者総覧  

植物の塩ストレス応答における水、低分子化合物、イオンの輸送機構とその制御の解析をイオン輸送体と水輸送体(アクアポリン)を通して研究しています。

また乾燥を必要とする種子形成時において機能しているアクアポリンの研究も行っています。

 

  • 准教授 :佐々木 孝行 Assoc. Prof. SASAKI Takayuki
  • E-mail:tsasaki@(@以下は rib.okayama-u.ac.jp を付けてください。)
  • 専門分野: 土壌環境ストレス/植物細胞/生体膜/水輸送/イオン輸送/塩ストレス/酸性土壌ストレス/根/気孔/種子

 

研究者総覧  

 

植物におけるアルミニウム毒性と耐性機構の解析について、Al耐性機構であるAlによって活性化されるリンゴ酸トランスポーター(ALMT1)の解析やALMT輸送体ファミリーの機能多様性について研究しています。

 

PAGE TOP